HOME 事業内容 生産・営業拠点 営業のご案内 リンク集 English
國長金属株式会社
KUNIOSA METALS CO ., LTD.
本社:〒136-0071 東京都江東区亀戸1丁目8番8号三井生命亀戸ビル
Tel: 03-5626-0711 Fax: 03-5626-0709 E-mail: kuniosa@kuniosa.co.jp
会 社 概 要
●商     号 國長金属株式会社
●創     業 1947年(中央金属株式会社)
●設     立 1953年(現社名に改称)
●代  表  者 代表取締役社長  岸 治彌
●資  本  金 2,000万円(2017年1月31日)
●決  算  期 毎年1月末日
●従  業  員 125名(男子95名、女子30名)
●年間売上高 32,167百万円(第64期)
●取 引 銀 行 みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行 常陽銀行 三井住友銀行
●加 盟 団 体 東京商工会議所 東京故銅商工協同組合
●関 連 会 社 株式会社國長金属工業所 株式会社クニオサインターナショナル
有限会社クニオサエコテック 株式会社國長デンチャーワークス
会 社 沿 革
創業〜 現主要取引先各社との営業関係を確立すると共に、札幌(30年)、日立(32年)、土浦(39年)に各営業所を開設し、経営基盤の拡充に努める。
昭和40年代 日本経済の飛躍的な発展に伴い、原料供給力、加工処理能力の拡大が要請され、また公害が社会問題としてクローズアップされるに従い、被覆線屑の無公害一括大量処理方式の技術確立が急務となる。ナゲット機、無線冷凍解体機、無煙無臭焼却炉など、試行錯誤を重ねながら自社独自の試験開発を行う。
昭和44年、鹿島営業所を開設する。
日本鉄塔株式会社、新日本製鉄株式会社両社の北海道電力株式会社に対する納入特約代理店となる。
昭和50年代 一層の需要増大と同時に、高品質原料に対する供給要望が高まってきたために、作業環境整備、既存機械の更新、大型ナゲット機の新設などにより対処する。また、自社開発システムによる全事務業務のOA化に成功する。
日立造船株式会社の北海道電力株式会社に対する納入特約代理店となる。
日立電線株式会社(現:日立金属株式会社 電線材料カンパニー)の委嘱を受け、北海道電力株式会社に対する納入特約代理店、及び全国の電線、伸銅品の販売特約店となる。
昭和60年代 昭和40年〜50年代に培われたナゲット技術の集大成版ともいえる超大型ナゲット機を、自社設計施工により完成する。同時に旧大型ナゲット機の大改造を行い、生産能力の飛躍的な増大を実現する。
平成元年代 各方面から進出要請を機に、北海道苫小牧に最新鋭ナゲットプラントを竣工。
平成10年代 産業廃棄物処分業許可取得(平成10年 苫小牧工場、平成11年 日立工場)。
産業廃棄物収集運搬業許可取得(平成12年 茨城県、北海道、千葉県、平成13年 東京都)。
日立電線株式会社(現:日立金属株式会社 電線材料カンパニー)と提携の上、共同で廃電線の全国回収ネットワークリサイクルシステムを確立。
(財)電気安全環境研究所より、本社、日立営業所、日立山根工場、土浦営業所、苫小牧工場に対し、ISO 14001:1996(登録番号:E02−261)の認証を取得